ハメ撮り セックス 隠し撮り 盗撮 方法 やり方

自宅やラブホでハメ撮りしたい!(隠し撮り・盗撮)

 

隠し撮り・盗撮でのハメ撮り

これは、いわゆる隠し撮りでのハメ撮りですが、相手にバレないようにハメ撮りを行うには少々慣れが必要です。

 

色々頭の中でシミュレーションしたり、機材の使い方を熟知したりしてハメ撮りを成功させる必要があるといえるでしょう!

撮影機材と撮影場所

撮影機材

基本的に隠し撮り・盗撮をする場合、スマホや派手な機材は使用することが出来ませんので、スパイカメラという小型カメラを使用します。

スパイカメラとは?

スパイカメラ

 

スパイカメラとは別の商品にカモフラージュをしている小型カメラの総称で、最近ではフルHDなどにも対応している隠し撮りのためのカメラです。

 

据え置きタイプ、携帯するタイプと、用途に合わせて選びプレイの前に設置を行いましょう。

 

また、スパイカメラは1つではなく複数設置すると撮れていない場合の保険や別アングルでの映像が撮れますので、相手に気づかれない様にトライしてみるのも良いかもしれません。

⇒スパイカメラ詳細!

 

ハメ撮りのアクセントにアダルトグッズ!

撮影機材ではありませんが、ハメ撮りと言えばコレ!アダルトグッズです!映像に変化を加えたりする場合に非常に役立つグッズであることを覚えておくと良いでしょう!

 

ハメ撮り三種の神器!

バイブレーター

ピンクローター

電マ

⇒アダルトグッズ詳細

 

撮影場所

自宅

 

隠し撮り・盗撮を目的としたハメ撮りで一番良い場所はこの「自宅」です。自宅は予め「据え置きタイプのスパイカメラ」の設置ができ、予行練習も出来る為です。スパイカメラの起動には慣れが必要だったりしますので、絶対に練習をしておきましょう。

ラブホテル

 

ラブホテルにスパイカメラを持ち込む場合、基本的には「携帯するタイプ」のスパイカメラが必要です。それも不自然に見えないような工夫などが必要になるため、頭の中でシミュレーションをしておくことが大切です。

 

難しい様なら音声で我慢する!

ここにきて「音声」で我慢とはなんだよ!?と思うかも知れませんが、隠し撮り・盗撮にはそれなりにリスクが伴います。もしバレた場合今後の関係など影響しますので、絶対にばれる事のない「盗聴」もアリだと思います。

その場合はICレコーダーを使う!

ICレコーダー

 

スマホ内臓のマイクは小型すぎで品質の悪いモノが多く、正直音声の録音には向いていません。その為音声の録音にはICレコーダーの使用をオススメしています。ICレコーダーはマイクが優秀で広域の音声を拾う事が可能です。その為部屋のどこに置いておいても高音質で録音する事が可能です。

⇒ICレコーダーを見てみる

ハメ撮り(隠し撮り・盗撮)のポイント!

自宅でハメ撮り(隠し撮り・盗撮)のポイント!

据え置きタイプのスパイカメラを使用すると仮定した場合、自宅でハメ撮り(隠し撮り・盗撮)をする時は、女性がシャワーに入っている隙にカメラを起動させましょう。

 

ラブホでハメ撮り(隠し撮り・盗撮)のポイント!

携帯するタイプのスパイカメラを使用すると仮定した場合、ラブホテルでハメ撮り(隠し撮り・盗撮)をする場合、女性がシャワーに入っている隙や不審がられないタイミングでカメラを起動させましょう。

やってみたいハメ撮りはどれですか?

自宅やラブホでハメ撮りしたい!(隠し撮り・盗撮)|ハメ撮りセックスNavi

自宅やラブホでハメ撮りしたい!(隠し撮り・盗撮)|ハメ撮りセックスNavi