特別記事
ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較 ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較
ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較 ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較

ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較

ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較

 

ハメ撮りに最適な撮影場所を自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで解説しています。一般的に彼女や妻であれば自宅、それ以外ならラブホテルじゃないの?と思う人もいる事でしょう。しかしホテルによって注意点などが違いますので、気になる人は参考にしてください。

ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較 ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較
ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較 ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較

自宅

ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較

 

やはり、彼女や奥さんとのハメ撮りなら、自宅で撮影するのがベストと言えます。

 

その理由は、手軽さや機材の移動がなく、カメラの設置なども簡単にする事が出来るからです。

 

しかし1点だけ注意がありますので、下記で解説しておきましょう。

 

光量

自宅でのハメ撮りで注意したいのが光量です。

 

最近のスマホを含めたカメラは、暗所でもキレイに撮れる場合もありますが、やはり明るい方がベスト。

 

その為、日中に遮光カーテンを開けて撮影をするとキレイな動画が撮れますので覚えておくようにしてください。

 

ラブホテル

ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較

 

気軽にハメ撮りできる場所と言えば、ラブホテルと思う人も多い事でしょう。

 

ラブホテルは、部屋も広く機材の設置などにも優れています。

 

その為、彼女・妻などとハメ撮りを行うには十分と言える場所です。

 

しかし、ラブホテルでは、自宅よりも光量が足りない事もありますので注意が必要です。

 

光量

一般的なラブホテルは、窓が小さい場合が多く、さらにトラブル防止の為、窓が開かない構造になっています。

 

中には、カーテンを開けても全く光が入らないホテルもあるほど。

 

その為、日中でも光量が足りず、上手に撮影できない事が多いと言えるのです。

 

その場合は、天井の照明を最大値にする、別途照明を用意するなどの工夫が必要となります。

 

ビジネスホテル

ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較

 

ビジネスホテルは、その名の通りビジネスマンが出張などで宿泊するのを前提としたホテル。

 

料金は安いのですが、ハメ撮り目的でビジネスホテルを使うのは、ちょっとオススメできません。

部屋が狭い

ビジネスホテルは、一度でも宿泊した事がある人なら理解できると思いますが、とにかく部屋が狭いのが特徴。

 

格安で利用でき、日中の光量も十分ですが、あまりにも部屋が狭いので、ハメ撮りには向かないホテルと言えるかも知れません。

 

ベッドが狭い

ビジネスホテルのベッドサイズは、基本的にシングルかセミダブル。

 

その為、ハメ撮りを行うには十分な広さとは言えないのが実情です。

 

防音設備

使用目的がビジネスマンの宿泊用である為、ビジネスホテルの防音設備は弱く、また部屋も狭いので、プレイ中の声が廊下にダダ漏れになります。

 

たまにビジネスホテルでデリヘルを使っている客がいますが、喘ぎ声が廊下にも響いている状態です。

 

シティホテル

ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較

 

上記のビジネスホテルに比べ、料金は高いといえますが、良いシチュエーションで撮影できるのがシティホテルです。

 

そもそもシティホテルは、観光客なども利用する多目的ホテル。部屋の大きさも十分で、ベッドサイズも十分です。

 

さらに窓も大きく、日当たりの良い部屋を選べば、日中の光陵は十分と言えるでしょう。

 

防音設備

シティホテルただ1つの注意点は、上記ビジネスホテルでも解説した防音設備です。

 

コチラも防音設備が弱い場合が多く、あまり大きな喘ぎ声などは廊下に響き渡りますので注意が必要となるでしょう。

記事まとめ

ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較

 

いかがでしたでしょうか?

 

ハメ撮りで注意するのは、光量と部屋の広さ、そして防音設備です。

 

自宅・ラブホテル・ビジネスホテル・シティホテルには、それぞれの特徴がありますのでハメ撮りする場合には使わけが必要となるかも知れません。

 

ほんの軽い気持ちで撮影するなら、あまり深く考えなくて構いません。

 

しかし、それなりのクオリティで撮影するなら、自分が最適と思える場所を選択する必要があるかもしれません。

 

特別記事
ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較 ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較
ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較 ハメ撮りに最適な撮影場所とは?自宅・ラブホ・ビジホ・シティホテルで比較