ハメ撮り セックス 方法 やり方

ご訪問ありがとうございます!

 

当サイトはハメ撮りセックスの情報を解説してます。

 

ハメ撮りセックスって興味あるけど方法・やり方?ハメ撮り相手は何処で探すの?必要な物は?など、特にハメ撮りセックス初心者に向けた情報を多く掲載しています。

 

正しい方法・やり方を理解し夢のハメ撮りライフを!

目次

ハメ撮りの概要

 

ハメ撮りとは?

ハメ撮りとは、ビデオカメラを回しながらセックスの一部始終を動画に収める事です。

 

この言葉が生まれた時には、ハンディカメラを用いたAVの撮影で男性の主観視点から撮ることが「ハメ撮り」とされていましたが、最近では言葉の意味が変わってきており、今は「セックスの一部始終を」録画する意味となっています。

 

誰でもハメ撮りが簡単に出来る時代!

ハメ撮りと言えばAVで観るモノと思われていましたが、今は機材などの発展により非常に簡単に出来るようになりました。

 

さらにネット上に溢れるハメ撮り動画の影響で、女性の抵抗も緩和されてきた事が挙げられます。

 

スマホの影響

機材進化の中で一番大きな存在がスマホです。スマホの爆発的な普及により、国民全てが高画質のビデオカメラを携帯しているという状況になっています。

 

確かに光学ズーム等の問題はありますが、お手軽に撮るのであればスマホでも問題はありません。

ハメ撮りに必要な物!

 

最低限スマホがあれば大丈夫!

はっきり言ってただハメ撮りをしてみたいのであれば、スマホがあれば大丈夫です。

 

しかし、スマホを手に持ったままのセックスは意外に大変で、さらに満足な動画が撮れないことも普通にあります。

 

ですので、スマホは最低限の機材と考えるのが良いでしょう。

ハメ撮りに最適なスマホグッズ

 

慣れてきたらハンディカメラ!?

複数回ハメ撮りをしていると絶対に欲しくなるのがハンディカメラです。高画質・高ジャイロ搭載で手ブレなどの補正も十分。

 

さらに暗所でも撮れるISO感度を持ち合わせているハンディカメラはハメ撮りの強い味方となるでしょう。

ハンディカメラを見てみる

 

ハメ撮りにアクセント!おとなのおもちゃ!

やはりAVなどを見慣れているせいか、自分や素人の撮った動画に物足りなさを感じてしまうのは仕方のない事です。

 

承諾を得て撮影、盗撮に限らず興奮できる動画を撮るのであれば、欠かせないのが「大人のおもちゃ」の存在。

 

ピンクローター、バイブ、電マ、拘束具等など、プレイの中にアダルトグッズを盛り込むと、非常に目ごたえのある動画になることを覚えておきましょう。

 

セックスのツナギに入れても良し、オナニーを撮影するも良しのスグレモノであることを覚えておくと良いでしょう。

大人のおもちゃを買うなら

 

意外と重要なのが「場所」です!

やはりハメ撮りに向いている場所といえばラブホテルでしょう。自宅での撮影でも構いませんが、生活感に溢れた場所でのハメ撮りはあまりオススメ出来ません。

 

チョットした機材をラブホテルに持ち込めば、まるでAV撮影をしている様な錯覚を覚えますので一度試してみると良いでしょう。

ハメ撮り相手はどうする?

 

一番重要なハメ撮り相手

撮影とハメる側はあなた自身として、一番重要な事が「ハメ撮り相手をどうするか?」ということですが、もう相手は決まっていますか?

 

気軽にちょっと試して見たいと言うなら、自分の身近な相手で構わないでしょう。

 

しかし人は欲深いもので、ハメ撮りにハマると別のパトナーを探してみたくなるケースも多いようです。

 

セックスパートナーなら選択が必要!

彼女・妻・セフレ・愛人など、日常的にセックスを行っているセックスパートナーとハメ撮りをする場合、相手を説得するか、隠し撮りをするかの選択肢が必要になります。

 

ナンパ相手とハメ撮り

ナンパした相手とのハメ撮りなら、選択肢は隠し撮りでのハメ撮りが基本となるでしょう。

 

風俗嬢とハメ撮り

風俗嬢とのハメ撮りはかなり難しく、私も最初はかなり苦労しました。

 

ハメ撮り相手を探すには?

ハメ撮りをしてみたくても「相手がいない!」、身近な相手とのハメ撮りじゃなく「別の人としたい!」と思っている人は、思い切ってハメ撮り相手を探してみましょう。

ハメ撮り相手は出会い系で探す!

 

ハメ撮り相手は援助交際で探す!

出会い系でハメ撮り相手を探す場合、基本的には「援助」を求めている相手を探すのが得策です!

 

いま出会い系には援助を求める女性が非常に多く、スグに相手が見つかるはずで、援助の相場としては1.5〜2万程度だと思います。

 

基本的には隠し撮り!

援助女性と初めて会う場合は、隠し撮りが良いでしょう。

 

ラブホテル内にスパイカメラを設置して、普通の援助交際を装ってしまえば問題ありません。

 

物足りない場合は相手と交渉・説得!

しかし隠し撮りには色々制約があります。スパイカメラは定点カメラの為、迫力ある、動きのある動画にはなりません。

 

その場合はやはりハンディーカメラの出番となりますが、そうなった場合隠し撮りは出来ません。

 

その為、相手との交渉・説得が必要となります。

 

ハメ撮りの相場は大体3〜4万円?

現在Web上には、素人出演の無修正動画が非常に多く見受けられます。

 

その為、ハメ撮りの価格相場が下がっており、FC2などでのハメ撮り動画の相場は3〜4万円と言われています。

 

高いか安いかはアナタ次第!

3〜4万円って高いじゃん!と思うのはアナタの自由ですが、ハッキリ言って素人動画はお金になります。

 

詳しい事は避けますが、ヒントとしては前項で述べた「FC2」にあると思ってくだされば結構です。

ハメ撮り相手を探せる優良出会い系3選!

 

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

出会いSNS PCMAX(PCマックス)